【岐阜県】 養老 第1弾・・・『養老の滝』『養老神社』編

旅のこと (6つ目)

エノーラ
エノーラ

はい、こんばんは〜

8月に入りましたね〜

暑い暑い暑い…蒸し暑いーーーでも、ワクワクがいっぱい今月はあるので楽しみなエノーラです(*゚▽゚*)

 

 

今回の旅の目的地・・・は、

岐阜県養老町。

 

 

 

 

第1弾から第4弾まであるんだ。

 

 

是非これから更新される記事も見てくれるとうれしいな。

 

 

では早速、本題に行ってみよう!

 

 

養老町の観光スポット

養老の滝

観光スポットの一つ目だ。

滝をみて、写真を撮って終わり・・・

 

 

 

なーんて勿体ない!!

 

 

養老の滝、神社、菊水泉などについて知って、自然を味わってきてくれ。

 

 

養老の滝への行き方

車で行こうと思う・・・

というそこのあなた!養老公園のHPを見てみてね。

 

広いし、たくさん駐車場があるぞ。

 

目的の組み合わせによって駐車場を選ぶとよい。

 

養老公園(松風橋)から養老の滝まで歩いて15分

 

(もし土日祝日なら・・・”養老駅からはどう行くのか…”以降を見てみてね。)

 

エノーラ
エノーラ

私は車じゃなかったので詳しいことはいえなくて…。公式サイトを参照してほしい

こどもの国へ行くなら「こどもの国駐車場」

 

天命反転地楽市楽座に行くなら「第2駐車場」

 

パークゴルフ場・パターゴルフ場に行くなら「パークゴルフ場前駐車場」

 

養老の滝天命反転地に行くなら「第1駐車場」

 

養老の滝に行くなら「交通安全協会駐車場」(駐車場―滝片道約3,40分)または「養老の滝駐車場」(駐車場―滝片道約5分)

 

  • 季節により臨時駐車場を開場

電車で行くなら!

(➡は乗り換えを示す)

下呂駅から…JR高山本線 美濃太田行 美濃太田駅➡JR高山本線 岐阜行 岐阜駅➡JR東海道本線線 大垣行 大垣駅(1,940円)➡養老鉄道養老線(410円)養老駅
 
 
飛騨高山(高山駅)から…JR高山本線 美濃太田行 美濃太田駅➡JR高山本線 岐阜行 岐阜駅➡JR東海道本線線 大垣行 大垣駅(3,020円)➡養老鉄道養老線(410円)養老駅
 
 
飛騨高山(高山濃飛BC高速・連絡バス)から…名古屋駅(2,980円)➡
JR名古屋駅から…JR関西線 亀山行(13番線 350円)桑名駅➡養老鉄道養老線大垣行(10駅 570円)養老駅
 
 
 
三重から…近鉄桑名駅➡養老鉄道養老線大垣行(10駅 570円)養老駅
 
エノーラ
エノーラ

意外と…三重から岐阜って遠いイメージあったけど、養老って思ったより近いぞ。松阪⇔養老間と松阪⇔名古屋間、所有時間あまり変わらないくらい。

 
大阪・京都・滋賀から…JR琵琶湖線 米原行 米原駅➡JR東海道線新快速 豊橋行 大垣駅➡養老鉄道養老線 (410円)養老駅
 
 

【注意!!!】米原から区間が変わるよ。大垣駅まで切符を買うほうがベスト。

でも…(私のように…)

切符買う時間がない!ICOCA利用する!って方。

 

のりこし精算機で精算しよう。

 

①ICOCAにお金が入ってないなら、【チャージ(入金)する】
O.K.お金はある…なら【精算する】精算できたら、精算っと書かれた切符がでてくる。
③精算と書かれた切符を自動改札機にいれ、出よう。

 

エノーラ
エノーラ

区間変わるとICOCAで出れないからね。注意しようね。あ、あと、ほんとに精算しますか?的なのが出てくるはず…めっちゃびびるけど大丈夫、そのまま精算しよう!

 

…わからなければ改札口で駅員さんに聞こう。

養老駅からはどう行くのか・・・

徒歩なら…養老から養老の滝まで約1時間。

う~ん。登りでしょう?体力的に厳しいわ~。

そんな時は!

土日祝日のみ運行している無料シャトルバス養老公園無料シャトルカートを利用しよう!

 

シャトルバス

【養老駅】➡【養老公園(松風橋)】まで乗る。

【養老駅】 出発時間

①9:00 ②9:40 ③10:20 ④11:00 ⑤11:40 ⑥12:20 ⑦13:40 ⑧14:20 ⑨15:00 ⑩15:40 ⑪16:20
この、孝子源丞内の像の前ぐらいにバス…があるよ。
シャトルカー

【松風橋】➡【妙見橋】約5分

・10:00~16:00

・乗車定員 4名(乗務員含まず)

・ご高齢の方、体の不自由な方、小さいお子様をお連れの方優先

・随時運行

・事故防止の為、荒天時及び混雑時等は運行制限または運休する場合がある

シャトルカー。おじさん達が声をかけてくれたんだ。

そうするとあっという間に養老の滝まで着くのだ。

養老の滝とは

『日本の滝百選』・『名水百選』の選ばれている名瀑、名水だ。

水がお酒になった親孝行の『養老孝子伝説』など故事来歴のある霊水でもあるのだ。

親孝行の昔話『養老孝子伝説』

むかしむかし、

 

美濃の国に貧しいが親を敬い大切にしている樵が住んでいた

 

樵は、毎日山に登り薪を取っては売り、

年老いた父を養っていた。

 

しかし、

その日の暮らしに追われて老父の好む酒を充分に買うことができなかった。

 

ある日、

樵はいつもより、ずっと山奥に登った。

 

 

👦🏻『あーあの水が酒であったらなぁ…』

 

 

と老父の喜ぶ顔を思い浮かべた。

 

その時!

 

樵は苔むした岩から滑り落ちてしまった💫💫💫

 

しばらく気を失っていたが、ふと気づくと…😮

 

岩間の泉から、酒の香りがする水がわきでている…ではないか!😳😳😳

 

これはどうしたことだろう?

 

すくって舐めてみると香しい酒の味がする…!

 

夢かと思ったが、

👦🏻『有難や、天より授かったお酒だ。🙏』

 

これを、老父の為に、ひょうたんに汲んで帰った。

 

老父は、半信半疑だったのだが…

飲んでみると…!!!

それはたいそう喜んだのだ😊

 

 

この不思議な水を飲んだので、老父は、

白い髪は黒くなり

顔のしわもなくなり、

すっかり若々しくなった。

 

 

【長寿・若返り・健康】の霊水と言われるのは…元正天皇のお言葉があった。

元正天皇は「万能を癒す薬の水」と報告を受けられ、美濃の国多度山の美泉に行幸された。

 

史書「続日本記」に

 

【自分で手や顔を洗ったら、皮膚はつるつると綺麗になり、痛むところも治った。また、この水を飲み、浴したひとは、白髪も黒くなり、はげた髪も新しく生え、見えにくくなった目も明るくなった。めでたいことです。この水は、真に老を養う若返りの水です。】

 

 

という元正天皇のお言葉がある。

 

養老の滝の水は、

【長寿・若返り・健康】の霊水なのだ。

 

名水と言われる所以はこれだけではない。

昔、養老の滝と菊水泉は1本に繋がっていたそうだ。

 

この話は『養老神社と菊水泉について』に続く。

 

では、次にいってみよう。

養老神社・菊水泉

養老の滝に行ったあとは、少し下りたところにある【養老神社】に行ってみよう。

養老神社の境内に【菊水泉】があるのだ。

今では、【養老の滝】と【菊水泉】は上と下に分かれているが、もともとは滝の瀬として1つの流れだったそうだ。

 

養老の滝から養老神社までの行き方?

…養老の滝からあとは1本通行のはず…って聞いたんだけどなぁ?

エノーラ
エノーラ

私、なぜか結構迷子になりやすいのよね…探検大好きなのだ!

いやいやいや!?そんなやつが何?どんな行き方を教えようとしてんの?この項目はエノーラが実際通った道のりだ。注意してくれ。

正規の道のりがあるはずなんだ…

エノーラ
エノーラ

上記の養老の滝の写真が撮れる場所から、奥…駐車場に続く階段の方へ行ったのね。そのまま…緑の線が道路に書いてあった通りにすすんだわけ。

でも、緑の線が切れた道路は…神社から離れていく??違うかも!

で、少し引き返して下記の階段を下りたと。。。

エノーラ
エノーラ

そうそう。こんな道のりなのかな~って思いながら、少し急な階段を下りたわけ。。。。で、下りたら、、、行き止まりなわけよ。。。

エノーラ
エノーラ

よく見ると・・・こんな急な階段を戻らないといけないのか?ってびびった…このフェンスの先をみると、舗装された道のりだから正規ルートはただ下るだけのはずだよ。

補正された道を進んでいくと…養老神社が見えてくる。

養老神社と菊水泉について

養老神社は、山や水が精霊で古くは菊理姫(くくりひめ)を祀る明神様。

 

 

元正女帝がみそぎを行ない律令国家建設祈願のまつりごとの神水はくくりの水だった。

 

 

元正天皇の行幸よりずっと以前から美濃の国では、

 

 

ラドンやゲルマニウムを含む万病に効く水として知られていた。

 

 

 

養老山地の水は、

Ca.Mg.K.Na

を含むミネラルウオーター。

 

 

石灰岩層を潜って湧き出てくる水は

炭酸水だ。

 

 

 

《水がお酒になった孝子話は教訓としての説話》

水がお酒になるためしはない水はやはり水。

 

よく尽くしてくれる吾が子を慈しみねぎらい思慮深く、

 

 

ただの水を美酒として飲みほめたたえる親心というもの

 

 

を読みとることができる。

 

 

 

それが。

 

名水が名水たる所以なのだ。

 

Twitterフォロー。

コメント、お待ちしてます^ – ^


コメント

タイトルとURLをコピーしました